キャバ嬢の働き方

初めてのキャバクラの体験入店で見ておきたいポイント【まとめ】

キャバクラの体験入店とは

キャバクラの体験入店は、面接で仮採用された女の子が1日だけそのお店のキャバ嬢体験ということで、実際にドレスアップして働くことができる制度です。
正直なところ、ナイトワークのお店は実際に働いてみないとそのお店の実際の雰囲気や働き方がわからないので、体験入店はすごく便利な制度。

お店としても本採用してシフトもがっちり組んでからすぐに辞められるより、体験入店で1日働いてから働くか決めてもらう方がメリットも多いです。
それに、キャバクラで働いたことがない人にとっては、キャバ嬢の仕事そのものの雰囲気を掴む上でも大切なことですよね。

しかも、体験入店をしてもちゃんとその日お店で働いた分の時給は受け取ることができるのが、嬉しいところです!
なので、キャバクラで働くなら体験入店は必ずやるべきものだと言えますね。

体験入店で見ておきたいポイント

体験入店をするなら、お店の雰囲気をちゃんと確かめて、そのお店で今後も働いていけるかどうかちゃんと確かめないと意味がありません。
ですので、体験入店ではみておかないといけないポイントがたくさんあります。
その体験入店で見るべきポイントについてご紹介していきます!

掲載通りの給料がもらえるか

求人には、給料制度と一緒に体験入店した時の時給についても明記されているところが多いです。
大抵はスタート時給がそのまま体入時給だったり、スタート時給より500円くらい低い時給で働くことになるところが多いですね。

そこで気をつけたいのが、掲載通りの体入時給がちゃんともらえるかどうかです。
お店によっては何かと理由をつけて全額渡してもらえなかったり、求人よりも安い時給で働かせられる可能性もあります。
そうしたお店は本入店してからも給料の支払いを渋ったり、ピンハネしてくる可能性が高いので、警戒しておいた方が良いでしょう。

ノルマや罰金についてもチェックしておいたほうがいいです。
時給がめっちゃ高い店は、完全実力主義のお店が多いです。
いざ働いてみたけど、ノルマで引かれてほとんど稼げないなんてことが起こり得るので、要チェックです!

ボーイの対応

基本的にキャバ嬢に仕事を教えたり、お店を回しているのはボーイです。
そのボーイの仕事の教え方が雑だったり、キャバ嬢やお客さんに雑に対応しているお店は辞めておいた方が良いですね。

お客さんはキャストはもちろん、お店に入ってまずボーイの接客を受けるので、ボーイの対応が雑なところはお店の信用問題に関わります。
お客さんがお店に寄り付かなくなる可能性もあるので、どんなに接客が上手くてもボーイのせいでお客さんを取ることができなくなる可能性が出てきてしまうんです。

仕事の流れ

基本的にキャバ嬢としての接客方法自体は、キャバ嬢自身のやりやすいようにさせてくれるところが多いですが、お酒の作り方やハンドサインなどはルールが違います。
なので、体験入店をするときも、お店での仕事の流れについてはちゃんと把握しておきましょう。
そのお店でのルールや仕事の仕方については、早めに覚えておくに越したことはありません。

営業時間を守っているか

求人には営業時間が書かれていますが、その営業時間が「建前上の営業時間」である可能性もあります。
特に銀座では法令でキャバクラなどのお店は深夜1時までしか営業してはいけないんですが、それを律儀に守っているお店がどれだけあるのかはわかりません。

お店にお客さんが来れば何時まででも働かされる可能性もあるので、そこについても確かめなければいけませんね。
もちろんなかにはちゃんと時間が来ればお客さんを帰らせて、きっちり1時に閉店している法令遵守のお店もあります。

宣伝文句を簡単に信じないこと

ここまでキャバクラの体験入店で気をつけるべきことをご紹介してきましたが、これらのことからもわかるように、キャバクラの求人は嘘が多いのが実情です。
特に気をつけたいのが、ノルマや時給に関するところ。

キャバクラではそのお店が求める理想的なキャストが来れば求人通り高待遇で迎えてくれますが、そうでなければ平気で求人より待遇を下げることもよくあります。
巷ではキャバクラの求人は9割がウソ!とまで言われているほどです。

なので、求人の甘い言葉に惑わされずに、実際にそのお店がどのような給料システム、雰囲気なのかはちゃんと体験入店のときに確かめてから本入店するように気をつけてくださいね。

まとめ

キャバクラの体験入店はキャストにとってとても便利なシステムなので、これを利用しない手はありません。

  • 体験入店は、本採用前にキャバ嬢体験ができる制度
  • 求人に掲載通りの給料、システムで運営されるか確かめるべき
  • ボーイの対応やお店の雰囲気が良いかよく見ておくこと
  • お店の細かなルールについては早めに覚えるよう心がける
  • 求人に書かれていることを鵜呑みにしない

キャバ嬢の仕事は求人通り上手くいくとは限りません。
当たり前のように嘘が書かれていたり、店長の裁量次第で時給や待遇が下げられる可能性も十分にあります。
なので、体験入店、それから面接のときにこのお店はちゃんとしたお店なのかどうか、ちゃんと確かめてから働くように気をつけておいてくださいね。