キャバ嬢へインタビュー

【キャバ嬢インタビュー】モモコさん「今の旦那と出会った場所です」

キャバ嬢の仕事は定年まで続けられるものではないので、いつかは辞め時を考えなければいけません。
実は、そのキャバ嬢の引退後の道としてとても多いのが、結婚なんです。

彼氏と結婚してキャバ嬢を引退、主婦になったり子育てに奮闘するキャバ嬢が珍しくありません。
今回インタビューを依頼したモモコさんもそのひとり。
モモコさんのキャバ嬢人生や引退のときの気持ちや考え方についてご覧ください!

キャバ嬢を始めたきっかけ

元キャバ嬢の美月です。
今回はインタビューを引き受けてくださりありがとうございます。
さっそくですが、まずはキャバ嬢を始めたきっかけについて教えてください。

キャバ嬢を始めたのは大学入学してすぐでした。
うちはそこまで裕福じゃなかったので、奨学金は利用してたんですけど今のうちから少しずつ学費分稼いでおこうと思って。

学費のために働き始めたんですね!
えらすぎるー!

ありがとうございます(笑)
それで、手っ取り早く稼げるキャバクラをバイトに選びました。
確か最初は「体入ショコラ」かどこかの求人サイトを利用して探したんですけど、正直あんまり居心地の良いお店じゃなくて。
結局そのお店は2ヶ月くらいで辞めて、友達の紹介のお店に入ることになりました。

お友達の紹介で入ったんですね。
そのお店はどうでしたか?

そのお店が大当たり!!
毎月学費分の貯金と、ある程度遊べるお金が稼げればな〜くらいの気持ちだったんですけど、10万15万くらいは当たり前のように稼げて。
学費もあっという間に返せるくらいのお金は手に入れられました。

いきなり自分に会うお店が見つけられたなんて運がいいですね!
大学を卒業後も、キャバクラで働いてたんですか?

続けてないです。。。
大学通ってたのもあるんで、親の手前卒業してキャバ嬢を専業でやる気はありませんでした。
ですが、大学3年くらいの頃には何人か馴染みのお客さんもいて、週3日くらいしか出勤してなかったんですけど、安定して20万円、頑張れば30万円くらいは稼げてたんです。

なのでここで辞めるのも勿体無いなって思って、就職先はわざと副業OKのところを選んで、のんびりキャバ嬢の仕事も続けてました。

大変だったこと

キャバ嬢とOLの兼業生活も大変そうですよね。
辛くはありませんでしたか?

大学時代からほぼ兼業生活みたいなものだったので、体力的にはそこまで辛くはありませんでした。
ただ、私20歳を過ぎても全然お酒が飲めなくて(笑)むしろ、そっちの方が大変でした。
ちょっと飲んだらすぐに酔っ払うわすぐ二日酔いになるわで…。

キャバクラってたくさんお酒飲みますよね?どう対策してたんですか?

私が働いてたお店は特に若い子が多かったんで、ノンアルコールのダミーが豊富だったんですよ(笑)
もちろんある程度飲む努力はしてましたけど、大部分はサポートしてもらってました。
本当、お店が当たりだったと今でも思ってます。

楽しかったこと

逆に、楽しかったことはありますか?

楽しかったと言うか、今の旦那さんとの出会いがキャバクラでした。
大学時代から贔屓にしてくれてたお客さんで、元々良い人だな〜とは思ってたんですけど、だんだんお互い本気になっちゃって、そのまま付き合い始めました。

今の旦那さんと出会うきっかけが、キャバ嬢の仕事だったんですね。

はい。
実際付き合い始めたのは大学4年のときだったかな。
私が昼の就職先決めて、その就職祝いっていうことで遊びに来てくれて。
その日のアフターで告白されました。

旦那さん、かなり本気だったんですね。

そうみたいです。
そのあともずっと交際が長続きして、私が25歳のときに結婚しました。
今の所はですけど、昼の仕事の方はまだもう少し続ける予定です。
昼の仕事も子供が出来たら辞めるかな。

モモコさんが幸せそうで何よりです。

ありがとうございます。
旦那さんと出会えたという点も含め、キャバ嬢の仕事を選んで良かったなと思っています。

インタビューまとめ

モモコさん、ありがとうございました。
幸せそうな結婚生活を送るモモコさんも、実はキャバクラがきっかけ。
お金も旦那さんも手に入れられて、モモコさんはまさに幸せの真っ只中にいるんだなぁ、と感じました。

このように、キャバ嬢の仕事によってお金はもちろん、幸せを手に入れる方は非常に多いです。
キャバ嬢の仕事に対する夢が広がりますね。