キャバ嬢の働き方

働く前に知っておきたい!キャバクラのノルマや罰金って何なの?

キャバクラのノルマ

キャバクラで働きたいけど、ノルマが心配…そう思ってキャバ嬢の仕事になかなか踏み出せない人って、かなり多いんですよね。

私もノルマは大嫌いです。

ノルマはキャバクラなどで指名本数や売り上げ金額の最低ラインが決められていること。
毎月この金額を稼げなければ、何らかのペナルティが課せられる可能性が出てきてしまうので、ノルマがあるお店のキャバ嬢たちは何が何でもこのノルマを達成しないといけません。
まずはそのノルマの種類からご覧ください。

売上ノルマ

売り上げノルマはキャバ嬢として接客して、お客さんがお店で使ってくれた金額に関するノルマです。
ほとんどのキャバクラではキャバ嬢の個別の売り上げを計算していて、その売り上げが一定基準を下回らないようにキャバ嬢たちは努力しています。
もしこのノルマを下回ると、キャバ嬢たちは時給を下げられたり、バックがもらえなくなるなど何らかの給料に関するペナルティを受けてしまいます。

同伴ノルマ

同伴ノルマは、お客さんをお店に連れてくる同伴出勤に関するノルマです。
月に何回、と決められた期間内に決められた回数こなさないとノルマ未達成になってしまいます。

そのためなかなか同伴してくれるお客さんを見つけられない新人キャバ嬢は、同伴に誘うために営業メールで四苦八苦しているところが多いです。
また、お店によっては「強制同伴デー」ということである決められた日には全員同伴しないといけない、というお店もあります。

指名本数ノルマ

指名本数ノルマは決められた期間内に決められた本数の指名を取らないといけないルールです。
このノルマについてはキャバ嬢歴やそのキャバ嬢の実力によって本数がまちまちなお店が多いですが、同伴同様必死の営業が必要になります。
何をもって「指名」とカウントするかはお店によって違い、本指名のみカウントするお店や、場内指名も指名としてカウントするお店など様々です。

キャバクラの罰金

キャバクラで働くうえで、ノルマと共に罰金制度についても知っておきたいところです。
お店のルールを守らないと給料から罰金が強制的に天引きされるところもあるので、罰金制度については気をつけなければいけません。

欠勤による罰金

欠勤、特に当日欠勤や無断遅刻には罰金があるお店があります。
もちろん遅刻欠勤しないことは社会人として当然ですが、特にキャバクラでは指名システムがある以上、代わりが効かない仕事なので特に厳しく見られるんです。

当日欠勤、無断遅刻をすることはもちろん、厳しいお店だと風邪で事前に欠勤することを報告しても罰金を取られるという無茶なところもあります。
欠勤や遅刻に関するルールはお店によって違うので、特に厳しいお店は警戒しておきましょう。

風紀による罰金

風紀はキャストとボーイの職場恋愛のことです。
特にお客さんはキャストとの疑似恋愛を楽しむ目的で来店する方も多いので、キャバクラでの職場恋愛は一大スキャンダル。
これによってお店をクビになったり、何十万円、場合によっては100万円もの罰金を支払わされる可能性が高いので、ボーイとの距離感はほどほどに保ちましょう。
風紀については、罰金制度として最初に提示されていなくても暗黙の了解として当たり前に存在しているところもあるので、どのお店でもあると思っておいた方が良いです。

罰金制度は違法

キャバクラはノルマ罰金があるのが当たり前、と思っている人が多いかもしれませんが、実は罰金制度は労働基準法的に見ると認められていないものなんですよね。
よくよく考えてみればこれは法律違反を堂々としていることと同じな上、そもそも罰金制度に厳しいお店で働きたいと思う人はいません。
なので、これらの罰金制度があるお店、特に厳しく決められているお店は私としてはあまりお勧めできません。

ノルマや罰金の心配はいらない

実はちゃんとしたお店であれば、ノルマや罰金制度があっても、普通に仕事をしていたら自然に達成できるほどの低いレベルのところが多く、心配する必要はありません。
ノルマや罰金に引っ掛からないように死に物狂いで働かなくてはいけないお店はそもそもブラック店である可能性が高いので、早々に辞めてしまうのが一番。

キャバクラでのノルマや罰金はちゃんとしたお店であればそこまで心配する必要がありませんし、なかにはノルマや罰金がないお店もあります。
どうしても心配な方は、そうしたノルマ罰金なしのお店を選んでみてくださいね。

まとめ

キャバクラでよく聞くノルマや罰金の制度には様々あります。

  • 売り上げや同伴、指名本数にノルマがあるお店が多い
  • 遅刻欠席や風紀によって罰金が科されるお店もある
  • 厳密には罰金制度は法律違反
  • ノルマ、罰金のないお店も多い

キャバクラで働く上で、ノルマや罰金には気をつけたいところです。
これらの制度はお店によって無いところもあれば、お店独自にルールが定まっているところもあります。
キャバクラで働きたい人は、面接のときにそのお店のノルマや罰金について確かめておくことをおすすめします!