キャバ嬢の働き方

No1を目指さない働き方もある!キャバクラでゆるく働くススメ

No1を目指さないキャバクラの働き方

よくキャバ嬢指南サイトを見ると、「これをしてNo1を目指そう!」「No1になるには!」などなど、No1にこだわる文言が多いですよね。
ですが、正直私としては、そこまでNo1にこだわる意味は無いと思っているんです。

もちろん、No1になること自体が悪いことというわけではありません。
No1を目標にすることも、ひとつのモチベーションとして応援したいものではあります。
ですが、別にNo1を目指すことだけが最終目標ではなく、キャバ嬢のなかにはただある程度の収入が欲しいという人もなかにはいますよね。
キャバ嬢の仕事は平均的に見ても平均収入がかなり高く、特に銀座などではスタート時給が5,000円と、初心者でも一晩働くだけで数万円は余裕で稼ぐことができてしまいます。

ストレスを溜めずに他の仕事よりも多少高いお給料をもらってのんびり暮らしたい、そう思うことだって決して悪いことではありませんよね。
そうすれば、キャバ嬢の仕事に特別ストレスを感じることなく、プライベートも優先しながら楽しく生きることだってできます。

キャバクラNo1を目指して働くこと

キャバクラでNo1を目指して働くと、もちろんたくさんお給料を手に入れることができます。
年収1千万円だって夢ではありませんし、その実績や美しさを買われてモデル撮影やインタビューに呼ばれるかもしれません。

ですが、No1を目指すことには大変な部分も多いです。
例えば、キャバ嬢同士の揉め事に巻き込まれやすいこと。
キャバ嬢は全員がNo1を目指しているわけではありませんが、それでも、特定のキャバ嬢が自分より上の売上を叩き出すことが気に入らない人もいます。
なのでどんどん順位を上げていくあなたに嫌がらせをしたり、トラブルを吹っ掛けてくるキャバ嬢がいる可能性が無いわけではありません。

また、たくさん稼ぐにはたくさん出勤するのが一番の近道です。
ということで、多めにシフトを入れたり、営業に関して何か努力をしなければいけない可能性もあります。
そうなると、必然的に仕事に掛かる時間はどんどん長くなっていくので、ストレスが溜まったり、体力的にもキツくなってしまいますよね。

キャバクラでのゆるい働き方の実例

正直な話、私もキャバ嬢現役時代はストイック派ではなく、お店に迷惑の掛からない程度にゆるーく働いて、生活できるだけのお金があれば良いやくらいに考えてました。
なので、私のお店での成績は特別良いものではありませんでしたが、それでも同年代の普通の昼職の平均月収に比べれば、それなりに高いお金をもらえていました。

趣味で旅行やフェスにもどんどん出掛けてましたし、出勤自体も週4日くらい。
そのゆるいキャバ嬢生活もかなり居心地が良かったですし、あの時本気出して働いておけば良かった!という後悔も、正直なところありません。
それくらいのゆるい働き方でも、月収は50万ちょっとは毎月ありましたし、結果的に貯金は3000万円くらいまで到達していました。

まぁ、貯金は私があまり物欲が無いのも理由のひとつなんですけどね。
ドレスや小物類、それからプライベートで使うバックなどのブランド品も、お客さんからのプレゼントで全部賄ってましたし。

ここまでの私の現役時代のキャバ嬢生活を見てどう思いましたか?
こういうゆるーいキャバ嬢生活も、アリだとは思いませんか?

まとめ

キャバ嬢になったからと言って、何も全員がNo1を目指す必要はないんです。

  • No1でなくても平均以上の水準の給料を受け取ることができる
  • No1を目指すと揉め事に巻き込まれたりと、ストレスも溜まりやすい
  • ゆるい働き方はプライベートも重視したい人におすすめ!

キャバ嬢の仕事は確かに営業に出勤、人間関係と大変な部分も多いです。
それに、ゆるい働き方をおすすめしておいて何ですが、それを全面に出すとお店からはあまり良く思われません。

お店の本音としては、キャバ嬢には真面目に向上心を持って働いて欲しいというのが実のところです。
なので、お店に迷惑が掛からないように接客は真面目に、ただ上は目指さずにゆるく安定した収入を手に入れられるように継続するのもひとつの働き方としておすすめです。